簡単に安い業者がわかります

家財の事前準備

  • HOME »
  • 家財の事前準備

冷蔵庫は引越しの前日までに中を空にしてコンセントを抜いておきましょう。

その際、庫内が常温になり氷や霜が溶け始めると雑菌が繁殖しやすくなりますので、水抜きと庫内の掃除をしましょう。庫内の除菌には、消毒用エタノールが効果的です。

引越し業者に言われると思いますが、故障防止のため新居では設置から2~3時間は電源を入れないようにしましょう。

映像機器やオーディオ機器の配線が複雑な場合、コードごとに接続先を書いたシールを貼っておくなどしておくと新居での接続がスムーズになります。外したコードやリモコンは、まとめておくと良いでしょう。

洗濯機は、引越し前日までに水抜きをしておき、ドラム式洗濯機の場合は、ドラムの固定ボルトを用意しておきましょう。

パソコンはデータのバックアップしておきましょう。パソコンや情報媒体に個人情報を保管するときは、データの「暗号化」「パスワード設定」をしておくと安心出来ます。

石油ストーブは灯油を完全に抜き取るか空焚きをしておきましょう。その他、引火性ガス・毒物・異臭のするものなどは運べないので注意が必要です。

食器等細かい物のまとめ方

用意しておくものものとして、マジック・はさみ・カッター・ガムテープは基本です。

そのほかには、新聞紙・チラシ(器や細かいものをまとめたり、緩衝材にしたりする)
ビニール袋(ゴミ袋として使用する)ラップ・輪ゴム(液体の入ったびんや容器を包む)も必要です。
ダンボールはSサイズのものを用意しましょう。
ダンボールの底には、緩衝のためのクレープ紙を丸めて敷く。

皿は立てて、コップ・茶碗は伏せて入れる。
大きいものから入れて、上段には軽いものを入れる。

段と段の間にもクレープ紙を丸めて敷く。

重心が偏らないように、均等に入れる。

食器が中で動かないように、すきまにはクレープ紙を丸めて入れる。

皿はクレープ紙の中央にのせて、四方をおりたたみ、包んだら伏せて重ね、ダンボールには立てて入れます。

コップや湯飲みはクレープ紙の手前角にのせて、一周丸め紙を折り込んで、さらに巻く。最後に、飲み口側の紙を中に折り込み、ダンボールに伏せて入れる。

包丁は、刃の部分をダンボール紙で包み、抜けないようにテープで止めます。安全のため、包丁だとわかるように柄の部分は出しておきましょう。または包んだダンボールに「包丁」と書いておきましょう。

PAGETOP
Copyright © 単身パック一番安いガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.