簡単に安い業者がわかります

ムダがないエコな梱包

  • HOME »
  • ムダがないエコな梱包

これは、私が海外引越しをしたときに得たダンボールをいかに有効的に使うかというマメ知識です。

海外引越しの場合には、荷物全体の重さや大きさによって引越し料金が異なるため、どれだけコンパクトに荷物をまとめられるかということが重要でした。

初めての海外引越しだったので、キッチンの割れ物の梱包だけは業者にお願いし、あとの梱包は全て自分達で行いました。開封の際に気が付いたのですが、業者の人はお客様の持ち物に破損があってはいけないという理由からか、緩衝材の使用量がとてつもなく多かったです。

自分で梱包を行った分に関しては、ハンガーに掛けなくても大丈夫なTシャツなどの衣類やタオルなどを緩衝材の代わりに使用したため、ダンボール内の隙間を荷物のみで隙間無く埋めることができ、とても効率的でした。

業者に全てお任せにする場合には、余分な緩衝材使用でその分料金が高くなっている可能性もあります。

開封の際に緩衝材がゴミとして出ることもありませんので、自分の衣類やタオルを緩衝材として使用することをお勧めします。

快適な新生活のための引越し術

引越しは大変な大仕事ですが、心機一転して身の回りを整理し今より快適な生活を送るタイミングでもあります。

しかし時間がかかる箱詰めや最終日に焦ってしまうようなことに対処する方法としてお勧めなのが、早めの取り組みと旅行バックです。

効率的に引越し作業を行うため行動のリスト作成と不必要な物の処分は一ケ月前くらいから徐々に始めます。引越しを良い機会だと思い断捨離をするのも良いと思います。

残り一週間は旅行に出かけること想定し使用する日用品や衣服を大きめの旅行バックに詰めてくらします。

多少の不便はありますが、もしかしたら使うかもなどの思いで躊躇することなく、どんどん箱詰めしていきます。

当日は荷物を運び出すことだけに集中できるようにまで収めておくととてもスムーズです。

引越し業者の選び方

電話対応や態度、またサービス内容は十分に確認をしておきましょう。始めての引越しの場合、 価格の相場は、全く分からないと思います。

価格の相場を確認するためにも、 最低でも3社以上の引越し業者から見積もりを取って比較することを勧めます。

無料で一括見積りができるサービスをしているサイトがありますので是非利用してみてください。

引越しにおける業者選びは、高額な費用が掛かる事なので、細心の注意を払いたいものです。緊急連絡先と担当者について業者については所在地、電話番号、担当、何かトラブルがあった場合の緊急連絡先と担当者や事業の種類と許可番号が明記されているか確認しましょう。

日時に関しては引越日と午前便か午後便の時間帯、現住所と新住所、荷物を積む場所と降し場所の記載の有無。

トラックに積みきれない場合や引越作業員の人数が増減した場合の追加費用について記載の有無。

無料でもらえるものと、料金が発生するものがある場合がありますので、良く確認しておく事が必要になります。例えばダンボール、梱包材です。

PAGETOP
Copyright © 単身パック一番安いガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.